本当に会えた「野生のウミガメ」in ハワイ(ラニアケアビーチ)

スポンサーリンク
ハワイ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウミガメに出会える人気スポット

ハワイでウミガメのことを「ホヌ」と呼びます。
ANAでエアバス社のA380という大型の飛行機にカメのデザインをしたものがありますが、
そのことを「フライング・ホヌ」と名付けられています。

ハワイで幸運のシンボルとして大切にされるウミガメ。
オアフ島には野生のウミガメに出会えるスポットがいくつかあります。
その中でも高確率で出会えるという「ラニアケアビーチ」に行ってきましたので紹介します。

ラニアケアビーチとは

ラニアケアビーチとはノースショアの隣にあるハレイワタウンの隣にある小さなビーチです。

海底に岩が多く、海水浴には向かずウミガメを目的にくる観光客の多いビーチです。

本当にウミガメに出会える?

ガイドブックにも高確率でウミガメに出会えると書いてありますが、本当なのか気になる方はいると思います。

結論から言うと、高確率で出会えます。

ただし、高確率で出会える時期や時間帯があるので紹介します。

高確率でウミガメに出会える時期と時間帯

○時期

4月〜10月頃

4〜6月は産卵時期でもありますのでビーチで散乱する姿に出会えることもあります。

○時間帯

11時〜15時頃

○理由

ウミガメが陸に上がるには目的があります。それは日光浴です。

日光浴により、寄生虫を予防することやビタミンDの生成など病気予防をするためです。

よって、暖かい時期や時間帯に出会える確率が高くなります。

逆に、寒い時期や時間帯、4月から10月であっても寒い日は出会える確率は下がります。

ラニアケアビーチでウミガメに会ってきた(laniakea beach titile(honu))

出会ったときの注意事項

ウミガメに出会えると、写真や動画を撮りたくなり思わず近づいてしまうこともあるでしょう。
しかし、3m以上は離れて見るようにしましょう。
昼間は監視員がいることもありますが、いない時でもマナーは守りましょう。

当然触れるのは厳禁です。ハワイ州の法律で決められていて、法律違反になります。

駐車場からビーチへの注意事項

駐車場は無料ですが舗装されてはなく、観光客がたくさん来ますので車と人に注意しましょう。

また、駐車場からビーチに向かうさいも道路を横断しなければなりませんが、信号機もないので特に子供連れの方はお子さんの手をとって注意して横断しましょう。

道路からビーチへは岩場を降りることになりますので、出来ればサンダルではなく靴の方が良いでしょう。

感想

ウミガメは時期と時間を選べばかなり高い確率で出会えるようです。

その代わり、出会えなかったときのショックは大きいと思います。
我が家では、カイルアタウンでの「ブーツ&キモズ」でパンケーキ。
ドールプランテーションでソフトクリームと列車。
その間に見れたら良いな。と主目標ではなくプランに入れました。

ブーツ&キモズが混みすぎていて到着が15時を少し過ぎてしまいました。
人がたくさんいたので、もしかしてウミガメがいるのではないかと期待が高まりながらビーチに行きました。

ウミガメは帰り際ではありましたが出会うことが出来ました。

何だかパワーを与えてもらったような気分になりました。

是非、4月から10月頃にオアフ島に行かれる方は、行ってみては如何でしょうか。

この記事にいいね!して頂けると嬉しいです。
ありがとうございます。
ハワイ
スポンサーリンク
シュン✈️をフォローする
旅ブログ
タイトルとURLをコピーしました