シーライフ・パーク・ハワイ/(子供連れにおすすめ)SEA LIFE PARK HAWAII

スポンサーリンク
ハワイ
スポンサーリンク

どのようなプログラムがあるのか

①ドルフィン・ロイヤル・スイム
②ドルフィン・スイム・アドベンチャー
③ドルフィン・エンカウンター
④ドルフィン・アロハ
⑤シーライオン(アシカ)・エンカウンター
⑥ハワイアン・リーフ(エイ)・エンカウンター

イルカと泳いだり、餌をあげたりするプログラムになります。
日本語の公式サイトに詳細がありましたので、リンクを貼っておきます。
https://www.hawaiisealifepark.jp

1日の流れ

8時〜9時:ホテルにお迎え
9時半:シーライフパーク到着
9時半〜14時半:プログラムの参加と自由行動
14時半:シーライフパーク出発
15時〜15時半:ホテル到着

申込方法

各旅行会社のオプショナルツアーで申し込み出来ます。
直接公式サイトで申し込みをする事も出来ます。
特に値段の差は見られませんでしたので、ハワイ旅行を申し込んだ旅行会社さんや、
宿泊しているホテルのコンシェルジュデスクで申し込みをされては如何でしょうか。

シーライフパーク・ハワイ イルカや海の動物と遊ぶ人気プログラムが充実

【HIS】シーライフパーク ドルフィン・アロハ

【JTB】シーライフパーク ドルフィン・アロハ

園内での過ごし方

まず入園すると、日本人のスタッフによる説明があります。
申し込みしたプログラムによって自由行動であったり、着替えて体験プログラムの準備であったりします。
イルカのショーであったりアシカのショーは時間が決まっていますので、その時間以外で園内を散策します。サメのいる水槽であったり、大きなウミガメが大量にいる水槽であったり、園内に沢山ありますので色々見て回ると楽しいです。
鳥が沢山いる空間もあり、餌やりが無料で出来たりもします。
フードコートでホットドックやバーガー、アイスを提供していますので、ショーの合間に食べると良いでしょう。

参加した感想

夫婦と娘(6歳)と息子(3歳)で行って来ました。まだ子供たちがイルカと触れ合うのは怖いようで、入園のみでプログラムには参加しませんでした。イルカと触れ合える体験型パークを満喫したわけではありませんが、それでもイルカやアシカのショーを楽しんだり、大きなウミガメを見たり、鳥に餌やりをしたり子供たちはすごく楽しめたようです。
園内にはフードコートがありますが、クーラーの効いたレストランではないので暑いです。
涼める環境が少ないので子供連れは特に熱中症対策をして行った方が良いと思います。
我が家は2度目という事もあり、ネッククーラーや瞬間冷却パックを日本で購入し持参しました。

この記事にいいね!して頂けると嬉しいです。
ありがとうございます。
ハワイ
スポンサーリンク
シュン✈️をフォローする
旅ブログ
タイトルとURLをコピーしました